Windows10のAniversary Updateを手動でインストールしてみた

Windows10のパソコンに対して8月2日以降、Windows Updateの中で、Aniversary Updateと呼ばれている大きな更新プログラムがダウンロードおよびインストールされていく予定です。

世界中で、このアップデートが行われるということで、一度に行うと回線がパンクすることから、マイクロソフトでは、対象となるパソコンを順番に決めながら、Windows Updateでの自動更新を行っている模様です。

今回、Windows Updateを待たずに、手動でAniversary Updateを行ってみましたので、その経緯についてご報告させていただきます。

なお、このAniversary Updateですが、更新にかかる時間はおよそ2時間ほどで、かなり大きな更新となります。Windows 10のアップグレードの場合もそうでしたが、突然仕事中にアップデートが始まるという事態を避けたい場合は、今回の方法のように、マニュアルで余裕を持って更新作業を行うのがいいかと思います。

また、もしもの時に備えて、大切なデータはバックアップしておいたほうがいいと思います。

 

1.スタートボタンから「設定」をクリックして、設定画面を表示します

ここでは、「更新とセキュリティ」をクリックします。

01設定画面

2.Windows Updateの項目の中にある「詳細情報」の文字をクリックします

ここでは、Windows Updateの項目の中に入ります。
ここで、更新プログラムがたくさん表示されている場合は、そちらの更新をすべて行ってください。

下図のように、「お使いのデバイスは最新の状態です」という表示が出てきた状態になったら、この項目の下にある「詳細情報」の文字をクリックします。

02WindowsUpdate

3.Windows10 Aniversary Updateのページが開きます

インターネットが開いて、「Windows10 Aniversary Updateについて」のページが開きます。

03AniversaryDownload

4.Aniversary Updateを入手するボタンを押します

ここでは、ページのすぐ下にある「Aniversary Updateを入手する」ボタンを押します。

04AniversaryDownload

5.ページの下にあるダイアログで、「実行」ボタンを押します

ページに下に表示される「・・・を実行または保存しますか?」というダイアログの中の「実行」ボタンを押します。

05AniversaryDownload

7.ダウンロード終了後も、実行ボタンを押します

「・・・のダウンロードが完了しました」の表示が出たら、「実行」ボタンを押します。

06AniversaryDownload

8.さらに、セキュリティ警告ダイアログでも、実行ボタンを押します

セキュリティの警告画面が出てきたら、「実行」ボタンを押してください。

07AniversaryDownload

9.Windows10の最新バージョンへの更新という画面が表示されます

プログラムが実行されると、「Windows10の最新バージョンへの更新」という画面が表示されてきますので、ここでは、「今すぐ更新」ボタンを押します。

08Install

10.互換性のチェックが行われます

ここでは、パソコンが更新プログラムに対して互換性を持っているかをチェックします。
問題ない場合は、「次へ」ボタンを押します。

09Install

11.更新プログラムを準備しています(ダウンロード)

画面が変わり、「Windows10更新プログラムをダウンロードしています。お待ちください」という表示が出て、0%から100%まで変化していきます。ここでは、かなり時間がかかりますので、じっと待ちます。

10Install

12.更新プログラムを準備しています(ダウンロードの検証)

画面が変わり、「ダウンロードを検証しています。お待ちください」という表示が出て0%から100%まで変化していきます。ここでも時間がかかりますので、じっと待ちます。

11Install

13.更新プログラムを準備しています(Windows10の更新)

画面が変わり、「Windows10を更新しています。お待ちください」という表示がでて、0%から100%まで変化していきます。こちらは、かなり長い時間待つ必要があります。

12Install

う~ん長いなあ!

13Install

14.再起動を求められます

Windows10の更新が100%まで来ると、パソコンの再起動を求められますので、「今すぐ再起動」のボタンを押して、パソコンを再起動してください。

14restart

15.再起動後は、自動で何度か再起動を繰り返します

パソコンを再起動すると、自動で更新プログラムの構成が行われるために、パソコンは何回か自動で再起動を繰り返して、設定処理を行います。

15update

16.いよいよログイン画面が出てきます

やっと、Windows10のユーザーログイン画面が出てきます。以前の画面と少し違ったログイン画面になっています。

16login

17.「PCの準備をしています」の画面になります。

ログイン後もひきつづき設定が行われます。

17junbi

まだまだ続きます。

18junbi

18.最後の画面の「さあ始めましょう」です。

19junbi

19.やっとデスクトップの画面が表示されます

とうとうデスクトップの画面に戻ってきて、「更新していただきありがとうございます」の表示が出てきます。
ここでは、終了ボタンを押すだけです。

20finish

以上が、Windows10 Aniversary Updateの流れです。

びっくりするのは、Windows10へのアップグレードを同じくらいの時間がかかっているということです。

パソコンによっては、途中で問題が生じることもあるようなので、データのバックアップだけはしっかりやってから実行してください。

個人的には、特に不具合等は全くありませんでした。

20.Aniversary Updateで何か変わったのか?

正直言って、最初は何が変わったのかはよくわかりませんでしたが。

最初に気づいたのは、スタートメニューの変化です。

startmenu2

よく見ると、左側に縦方向にアイコンがあります。

これは下から「電源」「設定」「エクスプローラー」「ユーザー」というアイコンです。

以前あった「すべてのアプリ」というものがなくなり、最初からすべてのアプリが確認できるようになっています。

また、タスクバーの右下隅を見ると、アクションセンターの吹き出しアイコンが日付や時間よりも右側に位置していました。

actioncenter

さらに、タスクバーを右クリックしてみると、

Inkワークスペース2

「Windows Ink ワークスペースボタンを表示」というメニューがあったので、クリックしてみると、タスクバーにペンの絵のようなアイコンが表示されました。

これが、今回新しく追加されたアプリのようです。

まあよくわかりませんが、とりあえず無事に終わってなによりというところです。

それほど焦ってアップデートする必要はないのですが、Windows Updateとしてやってくるので、いつ来るのかがよくわからないと思います。時間のある方は、手動でアップデートしたほうがいいかと思います。

Windows10のように突然開始されるということはなくて、更新画面は表示されても、「今は更新しない」という選択肢もあるようなので、安心してください。