カテゴリー別アーカイブ: [D] モバイル

iPhoneはなぜ最低のスマホになったのか?

iPhoneが最高のスマホであると豪語する人は多いと思います。

でもはっきりと言います。
「iPhoneは最高のスマホではありません。」

確かに、言えるのは、
「iPhoneは最も価格が高いスマホです。」

確かに、言えるのは、
「iPhoneはかつて最高のスマホでした。それは過去のことです。」

今言えるのは、
「iPhoneは、今や最高にトラブルの多い最低のスマホです。」

それは、iPhone7の登場から大きく風向きが変わったと思います。

原因は、Apple Payですね。

連日のアップルのコマーシャルではApple Payがいかに便利かを主張していますが、このApple Payの機能追加によって、iPhoneのドラブルは大幅に増えています。

Apple Payというのは、iPhoneにSUICAやPASMOの機能だけが追加されただけではなく、クレジットカードまで登録できる機能です。

確かに、財布の中にあるSUICAやPASMOのカードや、何枚ものクレジットカードを持ちあることがなくなり、それらがすべてiPhoneの中にあるという状態は、一つに統合されたという意味では便利なのかもしれません。

でも便利だけど、iPhoneを盗まれたり、落としたりしたら大変なことになりますよね。

言い換えれば、クレジットカードが沢山入った財布を盗まれたり、落としたりするのと同じです。

実は、「便利」と、「セキュリティ」は、反比例するのです。

Apple7のApple Payの機能が出てきたことにより、すべてのiPhoneのiOSはアップデートされて、とてもセキュリティの高い状態になってきています。

当然ですよね。すべてのクレジットカードを落としても大丈夫なくらいのセキュリティレベルが必要になってきているからです。

もちろん、iPhone5シリーズや、iPhone6シリーズも同様にセキュリティレベルを最高度に上げたiOSにアップデートされています。iPhone5シリーズやiPhone6シリーズではApple Payが使えないにも関わらずです。

このiOSのセキュリティレベルで最も変わったのは、Apple IDの認証が二段階認証に変わったということです。もちろん、通常の使い方をしている場合は、この二段階認証は出てきませんが、以下のようなケースでは二段階認証が必須となります。

・Apple ID のアカウントページにサインインする
・新しいデバイスで、または iCloud.com から iCloud にサインインする。
・iMessage、Game Center、または FaceTime にサインインする。
・新しいデバイス上で iTunes Store、iBooks Store、App Store から何かを購入する。
・Apple ID 関連の問い合わせをする。

二段階認証の方法は、

(1)Apple IDを入れます
(1)Apple IDのパスワードを入れます。
(2)登録されている電話番号に対して、ショートメールがお手持ちのデバイスに送信されます。
(3)ショートメールに書かれている確認番号を入力します。

という手順です。

確かに、このような手順はAppleだけではなくて、MicrosoftやGoogleなどでも使われている手段です。

でも、ここにiPhoneの悲劇があります。

実は、アップル側のSMS(ショートメールサービス)の送信サーバーがパンクしているのです。

二段階認証をしてもショートメールが一向に送信されてこないという現象が発生しているのです。

さらに、ショートメールの送信がないので、ユーザーは再度ショートメールの再送信を実行します。

そうすると、さらにSMSの送信サーバーがパンクする現象が助長されます。

実際には、このショートメールは1時間後~3時間後くらいには送られてくるそうですが、IDの認証に数時間もかかるなんて考えられませんよね。

こんなトラブルが、現時点で起こっているのがiPhoneの実情なのです。

あまりにも便利さを追求していうことは、多くのリスクを伴うことを知るべきです。

一旦トラブルになると、セキュリティの高さは、両刃の刃となってユーザー側に向いてきます。

そういうセキュリティの高さこそが、iPhoneを最低のスマホにしてしまう危険性があるのです。

iPhoneの中に、SUICAやPASMOの機能を入れるくらいだったらよかったのですが、クレジットカードの機能まで持たせたことが問題です。

iPhone7のApple Pay機能では、スマホ上でショッピングサイトを見ながら、クレジットカード情報を入れずに数回ボタンを押すだけで購入ができるそうです。

そんな機能を「便利でいい」とみるか、「危ない」と見るかは、ユーザ側の判断ですが、アップル自体が実際のトラブルに十分に対応できる能力があるかどうかは疑問です。

iPhoneを持っている人、これから買おうと考えている人も、これらの実態をよく知ってから、使ったり、買ったりしていただければと思います。

ちなみに、Androidスマホは、このようなトラブルの危険性は全くありません。(Googleは、クレジットカード情報について、管理しようと思っていないからです。)

東京防災の本がすばらしい!

東京防災

東京都の各家庭に配られたのが、上の「東京防災」という黄色い本です。

この本といっしょに、住んでいる地域の防災マップも入っています。

たぶん、東京だけではないかと思うのですが、他の県の方は同じようなものがあるのでしょうか?

この本には防災のための様々な知識が書かれており、防災のための準備、災害にあった時の対応、被災後の知識や行動などが書かれています。

日頃からの意識して、準備ををしておくことが防災の基本のようです。

ただ、この本は家に置いているので、外出した先で災害にあった場合は、読むことができません。

そこで、覚えておいてほしいのが、Twitterです。

スマホやパソコンからすぐに情報を確認できるように、主なアカウントをフォローしておきましょう。

1.NHK生活・防災 @nhk_seikatsu (NHK報道局の「生活・防災情報」公式アカウント)
2.NHKニュース @nhk_news (NHKニュースの公式アカウント、24時間ニュースを流す)
3.首相官邸(災害・危機管理情報) @Kantei_Saigai (首相官邸の公式アカウント)
4.内閣府防災 @CAO_BOUSAI (内角府防災担当の公式アカウント)
4.東京都防災 @tokyo_bousai (東京都総合防災部の公式アカウント)
5.東京メトロ(公式) @tokyometro_info (東京メトロの公式アカウント)
→おすすめユーザー(おすすめをもっとみる)で各線ごとの運行状況のアカウントにたどりつけます。
6.東京都交通局 @toeikotsu (都営の電車の運行状況)
7.tenki.jp地震情報 @tenkijp_jishin (日本気象協会の公式アカウント)

この他にもいろいろあるかと思いますが、1つのアカウントを知っていれば、おすすめユーザーからいろんなアカウントが紹介されているので、重要なところを見つけて、フォローすることができると思います。

それと、フォローしてしまうと、これまでのツイートと混ざって見づらくなると思う方は、フォローせずに、「リスト」という機能を使って登録することができます。

(1)自分のアカウントのページに行って、歯車マークをタップして、「リストを表示」を選択します。
「+」を押して、新しいリストを登録します。名前だけ入力すればOKです。

(2)あとは、登録したいアカウントのページに行ってから、歯車マークをタップして、「リストへ追加または削除」を選択すると、登録されているリストが表示させるので、選択するだけでリストに登録されます。

(3)リストの中のツイートを見る場合は、自分のアカウントのページに行って、歯車マークをタップして、「リストを表示」を選択すれば、登録したリストがありますので、それをタップするとリストに登録したすべてのアカウントのツイートをみることができます。

Twitterは、災害にあった時に、情報を得られるという点でとても有用なツールです。

スマホをお持ちの方は、ぜひ使ってみてください。

スマホでのMicrosoft Officeの使い方

パソコンでMicrosoft Officeを持っている方は、スマホで無料のMicrosoft Officeのアプリを入れるだけで、パソコンで作成したファイルを閲覧・編集することができます。

この仕組みは、Office2013以降でより使いやすくなっています。

パソコン側でOneDriveにファイルを保存すると、クラウドのOneDriveに即座に同期がとられます。

スマホのアプリを開くと、クラウド上のOneDrive上にあるファイルが見えますので、それを簡単に開くことができます。

スマホ側でファイルを修正すると、それが即、クラウド上のOneDriveに保存され、その後、パソコン側のOneDriveと同期がとられるので、最終的にパソコン側のファイルも修正されたものとなります。

一方で、スマホ側のメモリ内にOfficeのファイルを保存しておくこともできます。

それは、スマホ側のOfficeアプリを開いて、OneDrive上のファイルを開いたら、そのファイルを複製することができます。新しいファイル名をつけて、スマホのメモリに保存すれば、ネット接続がなくてもそのファイルを閲覧・編集ができるようになります。

スマホに最初にインストールされるOfficeアプリは無料ですが、より高度な機能が必要な方は、プレミアムバージョンを購入することができるようになっています。

AndroidとiPhoneではインストールするアプリが異なりますが、機能的には同じです。

Surface RTを使ってわかったWindows 8の意味

Windows 8は革新的なOSである

長年Windows XPを使ってきたユーザーにとっては、Windows 8は、全く今までのパソコンとは違ったものに見えるかもしれません。

一方、マイクロソフトにとっても、Windows 7からWindows 8への移行は、大きな賭けだったような気がします。

Windows 7の開発責任者であるスティーブン・シノフスキー氏が、Windows 8の開発責任者となり、Windows 8発売後すぐに、マイクロソフトを退社したことは、大きなニュースとして伝えられました。

本来、OSの開発責任者がOS発売後に退社するということで、Windows 8には何か問題があったのかもしれないと勘繰りたくなるのも当然ですが、実際はそうではなく、マイクロソフト内部における方向性の違いから退社したのが本当のところのようです。

Windows 8のパソコンは、タブレットOSであるWindows RTと、従来のWindowsを継承したOS(Windows[8]と以下表記します)が1つのパソコンの中に同居しているという、これまでになかったタイプのパソコンになっています。

個人的には、これをWindows RTとWindows[8]のハイブリッドOSだと、人には説明しているのですが、これらOSの間の境界はいったいどこにあるのか?という点については、Windows 8のパソコンを見てもなかなかわかりませんでした。ところが、今回surface RTを使ってみて、この境界の一端が見えてきたような気がします。

surface RTの不思議なOS構造

通常、ハイブリッドといえば、トヨタのプリウスのエンジンのように、ガソリンから電気、もしくは電気からガソリンというように状況に応じて切り替わるような感じですが、Windows RTからWindows [8]のOSにどのようにして切り替わるのかという点については、全くイメージがつかめません。

今回、surface RTを使う中で、一番驚いたのは、Windowsデスクトップの存在です。タブレットOSであるWindows RTが何故にデスクトップを持っているのか?という点が大きな疑問でした。

また、デスクトップだけでなく、Windows 7と同様に、コンピュータ、ネットワーク、コントロールパネルがあり、ユーザーアカウント別のフォルダの中には、ドキュメントやマイピクチャ、お気に入りなども同じように存在しています。

さらに、コンピュータの中にはCドライブがあり、その中にはWindowsフォルダ、Program Filesフォルダ、ユーザーフォルダの3つがあります。つまり、surface RTは、見かけだけみれば、Windows 8のパソコンと何ら変わらない構造を持っているのです。

ここまで、通常のWindows構造を持ちながら、surface RTは、インストールできるのはアプリだけで、一般のWindowsソフトは一切インストールすることができません。

この潔さがsurface RTのいい部分であり、Windows 8を意識させながら、機能を限定して使いやすくしたマイクロソフトのタブレット戦略だと思います。

Windows RT とWindows [8]との関係とは?

一般的に、Windows 8になって最初に気づくのは、スタート画面がタイル構造になって、それが初期画面になっているということです。このスタートメニューこそWindows RTのメイン画面です。このスタート画面の中のデスクトップをクリック(タップ)すると、通常のWindowsデスクトップになります。

普通に考えると、従来のWindowsにスタート画面が追加されただけ、と考えてしまうのですが、それはこれまでのWindowsの側から見た見方です。

より正しい見方で言えば、Windows RTというOSの中の1つのアプリとして従来のWindowsデスクトップがあると考えたほうがよさそうなのです。

Windows8

ただし、Windowsデスクトップ自体は、実際にはアプリというより、本来のWindows OSに匹敵する機能をもっています。つまり、Windows RT側から見れば、1つのアプリとして見え、Windowデスクトップ側から見れば従来からのOSとして機能できるように組まれていると思われるのです。

このようなマジックは、マイクロソフト独自の技術によるものだと思いますが、おそらくWindows RTの構造の中に、従来のWindowsを取り込む形で作られたのではないかと思います。

そういう意味でWindows 8は、これまでのWindows XP,Vista,7とは全く違う内部構造を持ったOSであるといえると思います。

これらの考え方が正しいかどうかはわかりませんが、一つだけいえるとしたら、Windows 8は、Windows 95から続いてきた従来のWindowsの流れを、別な方向に変えるために生まれてきたOSであるということだと思います。

そうだとすると、surface RTは、単なるタブレットというより、次世代のパソコンのあり方を世界に対して提案して、次のWindows 9につなげる布石みたいなものかもしれません。

ネット上には、surface RTをあまり評価しないという声があるのも事実ですが、surface RTを使えば使うほど、これまでのWindowsに感じていたわずらわしさがなく、必要な機能だけを今すぐに使えるという手軽さとモバイル性の高さは、いずれ高く評価されてくると思います。

スマートフォンは本当にいいものなのか?

こんなことを書くと、今の時代、時代錯誤か!と言われるかもしれませんが、スマートフォンってそんなにいいものでしょうか?

一時期、ネット上の論客の方たちは、スマホやタブレットが普及したら、パソコンはいらなくなるとまで言っていました。(今でもそういう方たちはいるかもしれません)

しかし、流行ったものは一時的なフィーバーを過ぎてから、次第に冷静な見方ができてきて、本来の姿が見えてくるのではないでしょうか?

「誰もがブログ」「誰もがMixi」「誰もがFacebook」「誰もがTwitter」「誰もがLine」というように、一度は経験していくと、これって以外と面倒だなと感じるものです。

私が思ったのは、それぞれのツールには、いい箇所があるけど、機能が増えていくとだんだん不便になってくるということです。

2年ごとに機種を変えて、高い接続料を払い続けて、新しいアプリの使い方を絶えず覚え続けることは、電話会社にとってはとてもいいことですが、果たして一般の消費者にとってはいいことになるのでしょうか?

某電話会社は、儲けたお金でアメリカの通信会社を買収したそうですが・・・。

電車に乗れば、頭を15度程度傾けて、スマートフォンの画面だけに集中する人々が大半になり、肩ごしに画面を見れば、そのほとんどはゲームです。

私個人もスマートフォンやタブレットなどいろいろと使ってきましたが、やはり1日に1回充電しなければならないことや、いつも充電器を持ち歩くなどの手間は結構面倒なことです。

ガラパゴス携帯を持っている人は少なくなってきていますが、どうみても電話はガラパゴス携帯のほうがずっと使いやすいです。

電車の中では、スマホを見るより、新聞や雑誌や本などを読んだほうが脳みそにはよさそうです。

といっても、スマホの天下は続くと思いますが、ひとたび災害が起こったときに充電が切れて役に立たなかったというようなことにはならないようにしてほしいものです。

それと、願わくば、すべてのモバイル端末の充電器が同じもので充電できるような仕組みになるといいですね。